若い方に選ばれる家族葬は少人数での心のこもった葬儀

結婚式と同じように時代の変化は葬儀にも及んでいます。

葬儀のスタイルも時代によって変化してきていますが、若いご夫婦など新たに家庭を持たれた方は、冠婚葬祭のやり方に戸惑われることも多いと思います。
結婚式は両家で招待するのではない、本人たちが企画するレストランウェディングなどが増えてきました。
実はお葬式に関しても最近の流行で大規模な葬儀よりも少数の人数で行うスタイルも注目されています。
小規模な葬儀では葬儀を行わず火葬のみを行う場合もありますが、いろいろなスタイルの中でも特に注目度が高いのが家族葬です。

話題の家族葬とはどういった葬儀か

家族葬はごく親しい身内や生前故人と親しくされていた方のみで行う小規模な葬儀です。
一般の会葬者は参加しませんので、家族はその対応に追われることなく、ゆっくりと故人とのお別れの時間を取ることができることで人気が高まっています。
葬儀のスタイルとしては、一般的な葬儀を同じ用に行われることとなりますが、会場の規模も小さいこと、参加人数も少ないこともあり、より低予算で行うこともできます。
いわゆる密葬というスタイルと同じように行われていますが、最近はより心がこもっている、温かい響きもあることで家族葬と呼ぶことが増えています。

家族葬という新しい葬儀のスタンダード

こうした葬儀は故人の希望で行われることもありますし、遺族の希望で行われる場合もあります。
かなり高齢の方の場合は近親者が少ないこともあり、こうした葬儀を希望される方も増えていますし、若い世代であっても家族に余計な負担をかけたくないなどの理由で小希望な葬儀を選ぶことも増えてきています。
今後ますますこうした小規模は葬儀は注目が高まることが考えられます。

冠婚葬祭は小規模でありながら心がこもったものになっていくようです

葬儀社のほうでも、最近はこうした葬儀を取り扱うところも増えていますし、専門の業者も登場していますので、しっかりと相談しながら理想の式にしていくことができます。
葬儀はその人の最後を飾るとても大事な儀式ですが、規模の大小は関係ありません。
心をこめた良い式にしていくことが大切ですので、それぞれに合った式にしていきたいものです。