結婚相談所での婚活を通して見えてきた若者の結婚観

結婚相談所が増えるわけ

晩婚化、非婚化と言う割には結婚相談所が賑わっている。
前述のような現象の時なら、間違いなく結婚相談所は閑散としそうなものなのに不思議である。
結婚相談所では、結婚を前提にした交際を希望する人が利用します。
多くの結婚相談所は会員制で、会費の支払いがあります。
それなのに流行っているというのは、何か特別な理由があるはずなのだ。

結婚相談所ならお互いの価値観も早い段階で知ることができます

結婚相談所では会員はデータに登録され、それぞれ希望の条件に合う人を会員の中から探します。
そしてその後、実際に会って話をし、両方が納得すれば交際に発展することになります。
結構相談所の人が立ち会ってお見合いのように会う場合もあれば、待ち合わせをしてデート形式で会う場合もあるようですが、最終的には本人達の意見が重要になります。
婚活をサポートする結婚相談所によっては医師や弁護士限定の結婚相談所などもあるようです。
結婚相談所のメリットとしては、最初から結婚したいという人同士なので、結婚後や将来の生活設計について早い段階で話し合うことができ、お互いの価値観もわかりやすいという点があります。

結婚できないのではなく、相性の合う相手を待っているだけ

だからこれらの結婚相談所が存在していると言うことは、結局結婚しないのではなく、自分に相応しい結婚相手が周辺で見つからないという事ではないか。
でなければ、結婚相談所に相談しに来る人が増えるわけがない。
昔と違って、出会いの場が減ったためなのか、結婚相手に求める条件が厳しくなったためかはわからないが、これは喜ばしいことである。
少子化が問題になっている昨今、結婚したくない人が増えたのではなく、自分相応しい結婚相手がなかなか見つからないという理由で結婚が遅れているなら、少子化対策もできようと言うものである。
子供が少ない国は活力に乏しい。日本がそういう国になってほしくはない。